FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

カテゴリ:モテる方法 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性から見て「価値が高い」と評価されるには?

kage

2013/07/23 (Tue)


こんにちは、水月紗綾です。


今回は女性用の記事をお届けさせて頂きますね。

私のブログを読んで下さっている皆さんは、どうやってここへ辿り着いて下さったのだろう、と考えるとやはり圧倒的に多いのは検索エンジンでのキーワード検索ではないでしょうか。
そうして見つけて下さって、記事を読んで下さる方がいらっしゃるならとても嬉しく思います。
ありがとうございます!

そして。
あなたが私のブログを見つけて記事を読んで下さるように、男性もあなたを見つけてアプローチをしてくれるのには理由があるはずです。

あなたはなぜ、自分が男性からアプローチをして貰えるのか、考えたことはありますか?
もしアプローチをされたことがないというあなたは、何故あなたがアプローチをされないのか、考えたことがありますか?

好きになった男性や、「いいな」と思った男性との恋愛がうまくいくためには、そのような「なぜ」を自分で知っておくことがとても重要です。

例えるなら就職活動みたいなものですよね。
恋愛の場合には履歴書を出すことはありません。企業での面接では必ず訊かれる、「あなたが我が社に入社した場合、どのように貢献して頂けますか?」というような質問もされません。

でも男性はそれを知りたいと思っています。もしくは、知った上であなたに声を掛けてきます。
そう、つまり男性は「あなたと付き合うメリット」を求めている訳です。
男性を不純だと思いますか?
でもそれは女性も例外ではないんです。


「そんな利害関係を求めて人を好きになるわけじゃない」

と思いますか?
いえいえ、それは自分についている嘘です。

もしも本当に利害を相手に求めることがないのならば、彼に冷たくされたって、他の用事をどんどん優先されて会って貰えなくたって、都合のいい女扱いをされたって、まったく構わないですよね?
そして、どんなことがあっても彼を嫌いになることがなく、ずーっとその人のことを愛し続けることができるはずです。
モラハラのような酷い言葉を浴びせられても。ぞんざいに扱われても。「おまえなんか好きじゃない」と言われても。「もう俺に構うな」と言われても。


でもこれ……。ストーカーにも取られてしまう愛し方ですよね?
そして、こんな愛され方をされて嬉しい人はいるでしょうか。

そういう意味でもこんな恋愛は不健全であり、利害関係のある恋愛の方が健全だと言えます。
というよりも、利害関係はあるものなのです。


■恋愛における利害関係とは?

これは恋愛だけに言えることではないですが、双方の利害が合致している場合にはとても良い関係が築けます。

もっともポピュラーなことを例に挙げるなら、彼はあなたの美しさと性的魅力、そして優しさを求めていたとします。
一方、あなたは彼に自分を大事にしていると思わせてくれる言動や行動、そして堅実な生き方や経済力などでしょうか。
これらが、彼の考える「利」と、あなたの考える「利」です。
2人の「利」が合致して、それを相手に提供できた場合には仲の良い関係が築けます。

もちろんこれらは人により変動します。年齢や恋愛観で相手に求めるものは多様化するでしょう。
ですが、女性の誰もが必ず持っているものは「自分を大切に扱ってくれる」ということではないでしょうか。

これがなくなれば「害」となるわけです。
同様に、男性もあなたの存在が疎ましくなると「害」となり、あなたにとって「利」であった「自分を大切に扱ってくれる」ということをしなくなります。何故なら、あなたから得られるメリットを感じなくなってきてしまったのですから。
それはあなたに興味を失くす、という意味もあります。
興味のない人間にその人の望むことを与えるというのは難しいですよね。

恋愛関係には利害関係がある、ということを理解して頂けましたでしょうか?


■でも、利害関係が崩れても続く恋愛もある
前述した例でお話しすると、
・男性は女性に美しさと性的魅力、そして優しさを求めている。
・あなたは男性に自分を大事にしていると思わせてくれる言動や行動、そして堅実な生き方や経済力を求めている。

この関係が合致しなくなったとき、関係が良好でなくなる可能性は高いです。

でも、付き合う前に考えていた「利」と、付き合って時間が経って考える「利」は変わることが往々にしてあります。
何故なら、深く付き合う程に相手の良いところは見えてくるのですから。
その「良いところ」が、もしもあなたが考えていた「男は経済力がなくっちゃね!」という部分を補う場合もあります。
逆もまた然り。あなたの「優しさ」が、時に彼にとって望んでいるものでなくなったとしても、彼はあなたとの別れを決断しない場合があります。
それは、「新たに見つかった良い面」があるか、もしくは「情」、それか「惰性」だと考えます。

恋心が愛情でなく「惰性」に変わってしまった場合には、最も危険な状態になるでしょう。
惰性というのは「別れる理由がないから」続く関係です。ですから「別れる理由ができれば」別れるという選択を選びやすい状態なのです。
マンネリにもなりやすい状態でもありますね。


■必要なのは相手にメリットを感じさせること
恋愛がうまくいく方法やモテるテクニックはネット上にも、本屋さんにも行けばたくさんあります。
そしてその内容の方法は何であれ、彼に「この子と付き合うと楽しそうだな」と相手に思わせるようなことが書いてあります。
ただ、一番最初に書いたように、「何故」あなたは男性からアプローチを受けるのか、受けないのか。それを自分で考える必要があります。

例えばアプローチを受けたことがない、という方は男性に壁を作り過ぎているのかもしれません。
意識せずとも「私に話しかけないで」というオーラを出していて、男性が近づける隙がないのかもしれません。

また、アプローチをされる方は男性から見て魅力的な面が目に見える形で表に出ているのかもしれません。
(美しさや優しそうな笑顔など)

そのような自分の長所や短所を分析して、良いところを伸ばしていけば男性にとってあなたと付き合うメリットが上がっていきます。
そしてそれが男性の望むものであれば「価値が高い」ということになります。

そんなあなたの「価値」を男性に気付いて貰えるようなテクニックは私の執筆しているサイト(ハウコレ:http://howcollect.jp/)や、あちこちのサイトに掲載されてもいます。
自分を分析した上で、テクニックを使ってみて下さいね!

ポイントは、「自分の性格上向いてないことはしない」ということかと思います。
いくらその場だけ可愛く見えても、彼があなたを好きになる前に「本当は違ったんだ……」と気付かれててしまえば「自分をオトそうとしてがっついてる女」なんていう最悪なレッテルを貼られかねません。

人を動かす最大の感情は「痛み」と「楽しさ」だと思います。
上手に男性の「彼女といると楽しい」という感情を引き出すことを考えてみて下さいね。

上手にモテテクも使いながら、あなたの魅力を引き出すことが大切ですよ!



この、利害関係の理解や自己分析がしっかりできていない方は、いわゆる「都合の良い女」だとか「不倫の関係」に陥りやすいのかな、と思います。
私個人的には不倫関係を(倫理的な問題は別として)、良いも悪いもないのではないか、と考えてはいますが恋愛としてはあなたの望んだものが手に入ることは少ない関係かもしれないとも思っています。

そして、あなたの「価値」を落としてしまうことにもなるかとも思います。

その件につきましてはまた追々書かせて頂きますね。




■■■アンケートのお願い■■■

こちらのアンケートサイトへのご回答をお願いできますでしょうか。
頂いた回答は全て統計データとして活用し、私のブログ、執筆しているサイト
(ハウコレ:http://howcollect.jp/ )にて利用させて頂きます。

皆さんからのアンケートにより、より有益な情報をお届けする
ことができますので、出来ればご協力をお願い致します。
もちろん無記名のアンケートであり、個人情報などを
集める目的ではございません。
簡単で、質問数も多くはないので是非ご協力をお願い致しますね!^^

アンケートサイト:http://enq-maker.com/1kXYTzD


■■■恋愛相談■■■

恋愛についてのご相談をメールにてお請けしております。
もちろん無料です。
全てのメールは必ず拝読させて頂きます。
ですが、おひとりおひとりにお返事をすることは難しいこともございます。
ですので、多少の返信が遅れることもご承知頂ける方のみお願い致します。

右側メニューバーのメールフォームよりお気軽にご相談下さいね☆


■■■ご感想、ご要望■■■

このブログのご感想や、今後取り上げて欲しいテーマなどをお寄せ下さい。
全てのご要望にお応えすることはできないかもしれませんが、
きちんと読ませて頂きます。

右側メニューバーのメールフォーム、もしくはコメントにてお願いします。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。