FC2ブログ
2013 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2013 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋はできても愛にはならない秘密とは?

kage

2013/09/25 (Wed)


こんにちは、水月紗綾です。

お久しぶりですというかなんというか……
また更新が遅れてしまい申し訳ありません。><

本当に私の都合で申し訳ないのですが、今現在は期限の迫った大きなお仕事に奮闘中です。
来月については新しいお仕事も頂ける機会があるようで(すごく面白いことが起こりそうな予感がするので本決まりになりましたらまた報告させて頂きますね!)、来月以降のスケジュールが今日の段階でまだ立てられないことやそういう余裕すらない、なんてこともあり……。
また、年末までには考えると頭が痛くなるような計画も進行させたいと考えているところでもあるのです。

なので大変申し訳ないのですが、しばらくブログは不定期更新とさせて頂けますでしょうか。
本当にごめんなさいっ!
それでも、出来るだけ週に一回は記事の更新をしていきたいとは思うのですが……。


話は少し変わりますが、このブログを介して、ご相談下さる方もいらっしゃいましてね。
もしもその方達が、私のブログや私とのお話しの中で解決策を見つけられたり、心が軽くなって頂けたりしたらとても嬉しく感じますし、また私のモチベーションにもなるんですね。

なので、例え不定期になってもコラムニストである限りはブログを続けていきたいと思いますので、どうか許して頂けたらと思います。

ブログは不定期になっても、もちろんご相談はこれまで通りお受け致します。
ただ、やはり返信が遅くなってしまうことはあるとは思います。急を要するお話しはなるべく早くお返事するつもりではありますが。
それでも良ければ、これまで通りご相談のメールはどうぞご遠慮なくして下さいね。


さてさて、本題なのですが、今日は少し長くなります。(いつも長いですけどね ><)

そして、男性にも読んで頂きたいと思う、女性向けの記事をお送りしたいと思います。

何故長くなるかって、今回は「愛」について語ってみたいと思うから。
「愛」って、一体何だと皆さんは思いますか?

与えるもの? 分かち合うもの? 捧げるもの? 単に「好き」の強くなったもの?
それじゃあ「恋」との違いは?

「愛」という言葉だけをフォーカスして考えてみると、とてもとても難しい言葉のような気がします。
何故って、日本語の「愛」って定義が重い上にひっろいっっ!!!って、思いません?
まあ、英語の「Love」も似たようなものなのですが、そこは言語の文化の違いというか。
英語の「Love」は、また違う意味合いのような気がするのです。


日本語の「愛」には「親愛」、「友愛」、「博愛」、「愛情」、「情愛」、「慈愛」……
まだまだまだまだまだ! 日本語には「愛」がつく言葉が溢れていて、そしてその全部が「愛」。
これをいっしょくたに考えようとすると頭がおかしくなりそうです。
そんなに「愛」「愛」言うなよっっ!!

と、いうくらい。

なので、ここは親しみやすく、またこのブログのテーマに沿った「愛情」のみに絞って考えてみますが。
これもまた深いっ!


少し話は変わるのですが。先日ね、男性で親しくして頂いている方と何かの話をしていたんです。
確か、結婚観に関する何かだったような気がします。

そのときに彼が言った言葉は忘れましたが、私は「どちらかがどちらかにもたれるだけの関係なんてつまらないよ」って言ったんですよね。

そのときに は、と気が付いたんです。

よく、恋愛指南書などには「女性は尽くしすぎてはダメ」ということが書いてありますが。
その理由として、男性に追い掛けさせないといけないということも併せて書いてあります。
それは男性が狩猟民族だからとか、もともとの男性の特性として女性を追い求めたいものだから、などとも書いてあります。

それはそれで正しいことだと思います。
私もそう思いますし。何より、二人が幸せであることのルールのひとつであるとも思いますしね。


でも、それだけじゃないんだと気が付いたんです。
男性は女性を追い求めたい。何故なら彼女を喜ばせたいから。
喜んでくれること、それが出来た自分を女性に褒めて貰いたいから。
つまり、女性が「私はあなたのおかげで幸せ」というメッセージを発することが男性への報酬なんです。
男性は、尽くしてるだけじゃない。ちゃんと女性からの報酬を受け取っているんです。


それはそうですよね。でなきゃ続かないですもの。でもこれ、女性だって同じなんです。

だから男性の為に尽くしてしまいたくなる。
ただ、男性の方が女性の心遣いに気付かなかったり、褒めたりすることが苦手なのかな、って思うんです。
男性が「君のおかげで僕は幸せだ」というメッセージを発するだけでは女性は満足しないというのも理由のひとつかもしれません。
女性は、自分が尽くした分、相手にも同じように尽くして貰いたい、大事にされたいと考えますよね。
だから男性の発するメッセージだけでは満足しない女性が多いのかもしれません。
でもこれは女性が悪いのではなく、ただ単に性質の違い。この性質の違いの為、女性は男性に愛されている方が幸せだと言われる所以なのかもしれません。
この性質の違いの為、女性は「自分の尽し方が足りないのかな?」と考え、男性にもっと尽くしてしまう……。
でも、欲しいものは返って来ないどころか、相手の心が離れて行ってしまう。なんてこと、ありませんか?


もともと、誰かにものすごくあれこれ世話を焼かれることって心理的に負担が掛かることでもあるんですよね。
なんというか、何もかもしてくれて、何でも許してくれるとまるで自分が何もできない子供だと自覚してしまうようで。
だから、心のどこかで「これだけしてくれてるんだから、何か返さないといけない」という気持ちになるはずなんです。
でもその「何か返さないといけない」は、「自分のしたいこと」とは違うことです。

何かをしてあげたいからするのではなくて、「して貰ったからお返ししないと」という気持ちなんです。
それって、割と心苦しいことだと思いませんか?

でもこれも結婚をしたら違いますよね。
女性が家事をして、食事を作ってくれることに抵抗を感じる男性は少ないはずです。
むしろ助かる、と素直に思っていることでしょう。

では、結婚前と恋愛期間中でこんなに心理が違うのは何故なんでしょう?
結婚をしたら平気なのに、結婚前には女性に尽くされ過ぎると心苦しくなる男性の気持ちの差は?


それはやっぱり、「責任」なんだと思います。
男性は結婚をすることで女性に対して何かしらの責任を負うことを考える。
それは経済的なことであったり、将来ずっとそのひとりの女性と一緒にいる、ということを決める覚悟、とも言い換えられます。
生活を守っていかないといけない、という責任もありますね。

それが、男性側から女性に返すものなんだと思うのです。
例え無自覚だとしても、男性は女性を守る、女性の人生の責任を取る、と決めて結婚を決めているのだから奥さんに家事や食事を作って貰えたら嬉しいし安心できるんだと思います。
自分の全てを包み込み、許し、許される関係。自分自身を認めて貰えること。

そういう重たいとも言えることを覚悟していない段階で、アレコレされてしまうと男性は逃げ腰になってしまう。
場合によっては女性でもそういう方はいるのではないでしょうか。


そこで、思うのです。
「恋」は誰にでもできる。
その「誰にでも」は、「誰か決めない誰とでも」という意味です。
この人との恋がダメなら次! 他のもっと素敵な人に恋をしよう。
ということと似ています。

でも結婚は「その人」とするんです。
恋をして、恋愛期間を経て、その間にはたくさんの問題や考え方の違いに悩んだりケンカをしたりすることもあって。
そして、少しずつ「愛」というものを育んでいく。
ひとつの問題を解決して乗り越えていくたびに、まるでご褒美のように相手への「愛着」が増していく。
それがある地点に到達すると「愛情」になり、「この人しかいない」となるのかな、と思うんですよね。


とっても難しい話だと思います。
女性は、恋と愛を勘違いしてはならないし、始まりはいつも「恋」からで、「愛」は簡単には育ってくれない。
その間は尽くしすぎてもいけないし、彼のことを中心に生活をすることもいけない。


だって、「恋」は自己責任ですから。
いつでも簡単に、と言うのは言い過ぎかもしれませんが、さよならできる。
違うな、と思えば相手とお別れすることも誰にも咎められないし迷惑も掛けない。


だから「恋」って、割と簡単に出来てしまう。
「簡単じゃないよ!」と思われる方。ごもっともです。

私も、ひとつひとつの恋を、簡単にしたことなんてありません。
何度も傷つき、悩み、幸せを感じ、そして愛情や絆が育っていくことを感じたことは少なくないですから。


そこでね、タイトルにもしましたが、

「恋はできても愛にはならない秘密」

を、お伝えしちゃいます。

恋も愛も、本当はとっても、とーってもシンプルなんです。

いつだって、「あなたが大切」というメッセージを相手に贈り続けること。
それは男性も同じなんですけどね。
二人が同じようにメッセージを贈り続けることが出来ない場合には、それは愛には発展しません。

どちらかが、離れようと決心するように辿り着きます。

もちろん、他にも様々な要素はありますよ。
周囲からの障害とか、どれだけ想い合っていても離れなければならない状況とかもあるかもしれません。
でもそれは、稀なケースとして。

普通に恋愛が出来る人は、普通に「あなたが大切」だと思い続けるだけでいいんです。
そこはシンプルに。

でもこの「シンプル」が意外と曲者で。
時々訪れる二人の間の食い違いや勘違い、考え方の違いなどで「シンプル」が途端に「複雑」になっていきます。
でも、その時々に思うべきなんだと思います。

「好きな人に好きだと言える、今の状況はとても幸せなこと」
「好きな人に好きだと言って貰える。触れることができる。この人に出会えたことは奇跡」

って。「奇跡」なんて、大袈裟だと思うでしょうか?
私はそうは思わないんですよね。

だって、日本だけでも北から南まで、何距離あるのよ!
その中に何人住んでるのよ!
世界まで視野に入れたらどんだけのこと?!


……そんな中で私たちは出会い。私があなたを選び、あなたが私を選んでくれた。

なんかもう、私なんか、この気持ちだけで満足するときがあるくらいですからね。
これを奇跡と言わず何が奇跡だろうか!
みたいな感じで。

それだけじゃないです。
「私が、好きになれる人ができた」
それだけでも、奇跡に近いことかな、と思います。

だって、今まで何人の人を好きになってきました?
出会う異性出会う異性に恋をしてきた方なら別でしょうけど、勝手に自分の気持ちが動いて意思とは関係なく気づいたらもう相手を好きになってた、なんて。
しかも本気中の本気! この人が本当に好きっ! って思える人には、人生で何人に出会えました?

そのうちの、ひとりなんです。

それだけで、もう奇跡じゃないですか。

神様、彼に出会わせてくれて本当にありがとう。
そんな風に、普段は神様になんて目もくれない私が思うくらいのことなんだと思うんです。

だったら。
傷ついてもいいじゃないか。
苦しませられてもいいじゃないか。

彼を、大切にしよう。心から。

そう思えたら、それは立派に「恋」をしているんだろうなと思います。
そして彼も同じように「好きだ」という気持ちをくれて(いいですか、誤解がないように言っておきますけど、「言葉」でなく「気持ち」です。)、お付き合いが出来た二人なら。

それだけでもう奇跡中の奇跡じゃないですか。

その「奇跡」を疑うことなく、大事に大事にすることで育っていくものが「愛」なのではないかと思うんです。


奇跡の中では「ねぇ、本当に私のことを好き?」なんて疑問は浮かびません。
その時々に「やだー、最近私不満ー! 不満ったら不満ーっ! 不満過ぎるから、次に会ったら美味しいワインを飲ませて下さい」なんて可愛い我儘を言うことがあっても、彼のことを大切にすると心から決めたのなら。

「あなたの、生きたいように生きて。その隣に、私がいられたら幸せ。でも、私じゃなくても、あなたを幸せにしてくれる人がいれば私はそれでも幸せ」

なんて思えたら。
それが、本当に「彼を大切にしている」ことなのかな、と思います。
そして、そんなことを思う女性を男性は簡単にないがしろにはできないものなんだと思うんです。

それを「よっしゃ儲けもん! こいつは浮気も許してくれる女なんだ」なんて思うような男性なら大切にする理由はないです。
奇跡取り消し! ああ、アンラッキー! くらいにさよなら。 って、ぽいっとしちゃいましょう。

でも、もしもあなたが大切な恋に、奇跡に出会えたなら、どうか大切にして下さい。
どうしても不安になったときには、ほったらかしてみてください。相手を責めるのではなくね。
ほったらかし。

うまくいくものはうまくいきます。
ちょっとやそっとじゃ壊れません。
あなたが壊すようなことをしない限りはね。


だから、ほったらかし。
すると、男性の方から「なんだなんだ、どうした?」とあなたの不安を解消するように頑張り始めますから。


ね、自分に自信を持って。疑うことよりも大切なのは「ほったらかす」こと。

「なーんか最近、彼の行動が怪しい……」

と思ったらほったらかし。それで終わるならそれはそれ。
次の奇跡を探しに行きましょう。
それまでは、大事にしましょうね。

疑うことと、責めることを繰り返すと、健全な愛は育たないですよ。





■■■アンケートのお願い■■■

こちらのアンケートサイトへのご回答をお願いできますでしょうか。
頂いた回答は全て統計データとして活用し、私のブログ、執筆しているサイト
(ハウコレ:http://howcollect.jp/ )にて利用させて頂きます。

皆さんからのアンケートにより、より有益な情報をお届けする
ことができますので、出来ればご協力をお願い致します。
もちろん無記名のアンケートであり、個人情報などを
集める目的ではございません。
簡単で、質問数も多くはないので是非ご協力をお願い致しますね!^^

アンケートサイト:http://enq-maker.com/1kXYTzD


■■■恋愛相談■■■

恋愛についてのご相談をメールにてお請けしております。
もちろん無料です。
全てのメールは必ず拝読させて頂きます。
ですが、おひとりおひとりにお返事をすることは難しいこともございます。
ですので、多少の返信が遅れることもご承知頂ける方のみお願い致します。

右側メニューバーのメールフォームよりお気軽にご相談下さいね☆


■■■ご感想、ご要望■■■

このブログのご感想や、今後取り上げて欲しいテーマなどをお寄せ下さい。
全てのご要望にお応えすることはできないかもしれませんが、
きちんと読ませて頂きます。

右側メニューバーのメールフォーム、もしくはコメントにてお願いします。



スポンサーサイト

女の子が本当に男性に求めているものとは?

kage

2013/09/13 (Fri)


こんにちは、水月紗綾です。


今回は男性向けの記事をお届けします。

前回は少し意地悪な記事を書いてしまったかなぁとちょっと思い直したので、もう少し。
あなたが彼女と距離を縮められる方法を書いてみようかな、と思います。

そもそも、恋愛について「電話で何を話したらいいのか」「メールで何を書けばいいのか」「告白するにはどうすればいいのか」「デートに誘うには?」ということに疑問を持って、このサイトに訪れて下さっている方が多いんですものね。

それに対する答えというか、解決策がなかったかなと思ったので。


前回、「彼女の本音を聞き出せないとダメ」という話をしましたが、これ、意外とできない人って多いんですよね。
何故なんだろう? と考えてみると、やっぱり自分視点で相手を見ているからなんだと思います。

と、いうことは女の子が何を求めているのか、ということを書かないと分からないですよね。。。


そうなんです。女の子は常に、男性に「こういう人がいいな」という、「求めるもの」を持っています。
でもそれは、外見なんかじゃもちろんないんですよ。
だから、やろうと思えばメールだけでも彼女の求めるものを満たしてあげることも出来るんです。


でも、あなたがその方法を知らないとこれがとっても難しいハードルになりますよね。
前回少し触れましたが、ある男性が私への好意を伝えてくれましたが結局フェイドアウトだなって思ってそのまんま、の方がいます。
その男性に何が足りなかったかというと、ズバリ「聞こうとする気持ち」だったのではないのだろうかと思います。


例えば彼女が「明日は大事な試験があって、不安なの」とLINEで言ったとします。
すると彼が「がんばって」と返してきました。
すると女の子も「ありがとう」と返します。

終わりです。話は続きません。
その上、彼女の心の中には少しの寂しさが残ります。


せっかく女の子が「明日は試験がある」「不安」と心に思っていることを言っているのに。これで終わり。

でもここで男性が聞き返してみたらどうでしょう?

「どんな試験があるの?」「何故不安なの?」どっちの質問から始めてもいいです。
すると彼女は話し始めるでしょう。

「私ね、実は緊張するとおなかを壊しやすくてそれが不安」
「勉強量が足りない気がするの」
「明日の試験って、採用面接で。何を訊かれるか不安なの」

こんな言葉が返ってくるかもしれません。

そうしたら「そうか、大変なんだね。緊張しておなか壊しやすくなっちゃうのかな? 緊張すると必ずなの?」
「勉強量が足りないって言っても、これまで頑張ってきたんでしょう?」
「採用面接って緊張するよね。俺も緊張するタイプだから分かるよ」

こんな風に、彼女の気持ちに寄り添って話を聴いてあげて下さい。

彼女は「不安」な気持ちを、あなたに告げているのですから、その不安を聞いてあげることが一番の処方箋。

最後までちゃんと話を聞いてあげて、
「きっと大丈夫だから、やれるだけやってきな。もし悪い結果だとしても、そのときにはまた話聴くし、良い結果だったら何かお祝いしようよ!」

と励ましてあげる。

女の子が頑張ってるときに、男性に認められることってとっても気持ちがいいものです。
「僕はいつでも君の話を聞くよ」という積み重ねが、彼女の心を開くポイントです。

どんなくだらないことだとあなたが思ったとしても、簡単にあなた視点の解決策を提示するのではなくて、まずは彼女の心を開かせてあげることが大事です。

どうか「この子、愚痴っぽい子だな」と思っても見逃してあげて下さい。
もしも彼女が「ありがとう、頑張る!」と言えたらあなたは大正解の言動を彼女に贈ったことになります。
でもそこで「頑張ってきな」ではなく、「自分の力を出し切ればいいんだから、それだけ考えてね」と言ってあげる。

頑張ってる人に「頑張って」はやっぱり禁句なのだと私は思います。
特に女性には。


あなたから話を振る場合には、質問をする、ということを以前に書きましたが、その質問も少しだけ自分の情報を開示しながらするのが上手な質問なのかと思います。

例えば「今やってる映画の○○、CM見た? 俺さ、主演の××が好きなんだけど、あの人良くない?」
すると彼女が「そのCM見てない」と返してきました。
「マジで?! ほら。この映画ではあの役、この映画ではこの役やった××だけど、知らない?」
「分かんない」

明らかに興味が無さそうですよね。

で、最後にダメ押し。
「あの映画はこんな話なんだけどね(あくまでも端的に。長いのはNG。)、そのときのあの演技がすげーいいんだよ。
興味持ったら今度DVD借りて観てみて欲しいくらい。
あ、君は好きな俳優とかいる? 日本人でも外国人でもいいけど」

すると彼女は答えるはずです。

「私、今松田龍平がすごく好き! あの、”あまちゃん”のときの無表情で何考えてるか分からないけど、ときどきかわいい感じとかすごくいいの!」

そこであなたが”あまちゃん”を観ていなくても全く構いません。

「あー、松田龍平もすごくいいよね! 俺も好き。でも俺、”あまちゃん”て観てないんだ。今、そんな役やってるんだ? どんな話なの?」

と訊くのです。
すると彼女は好きな話だからたくさん語ってくれるはず。
でも、くれぐれも嫉妬なんてしないで下さいね。あくまでもドラマの話なんですから。


たまには映画もドラマも音楽も全く興味がない子もいると思います。
でも、あなたはなにかで彼女と接点を持ったから彼女に好意を持ったんですよね。

あなたは彼女の行動を何かしら見ているはず。

スマホをいつも弄っている彼女ならSNSに夢中なのかも。
好きなサイトがあるのかも。
メールでのやり取りが好きなのかも。

本を読んでいたのなら本が好きなのかも。

仕事を頑張ってるならお仕事に関する世界観を持っているはず。


おしゃべり好きな彼女でなくても、「この話題なら」と饒舌になることはあります。
それは、あなたも同じですよね?

あとで「あ、しゃべりすぎたかも!」と思ってしまう瞬間。
これって、経験ありませんか?
何故しゃべりすぎてしまったか。

それは、相手がとても聞き上手で「うんうん」「それで?」「へぇ」「それってこういうこと?」と上手に話を促してくれたからではないでしょうか?

聞き上手になるのは、簡単なようで案外難しいことでもあります。
何故って、自分の感想をどこまで言っていいのか、彼女の言葉にどう返事を返せばいいのか分からないから。
でも、「話すきっかけ」さえ掴めばある程度は大丈夫。

だから、いつも会える相手ならまずは軽い挨拶や会話から。
そうでなく、ネットやコンパでで知り合ったのならメールでも。

あなたが、彼女の心を開かせることはきっとできます。

女の子が男性に求めるのはいつも「安心感」です。
この人になら、何を話しても平気。きっと受け入れてくれる。
そう思わせられたら、あなたと彼女の距離もぐっと近くなりますよ。


あなたへの安心感が大きくなって、距離も縮まれば。

彼女はあなたとの会話を楽しむことが出来て、あなたとの時間も安心して過ごせるようになります。


でも……これだけだと、あなたはただの「いい人」で終わってしまう可能性も否めません。
告白をしても「お友達としてしか見てなかった……」なんて言われる場合も。

次回は、「いい人」で終わらせない! 彼女にとって気になる存在になる男になる方法をお話させて頂きますね。




■■■アンケートのお願い■■■
こちらのアンケートサイトへのご回答をお願いできますでしょうか。
頂いた回答は全て統計データとして活用し、私のブログ、執筆しているサイト
(ハウコレ:http://howcollect.jp/ )にて利用させて頂きます。

皆さんからのアンケートにより、より有益な情報をお届けする
ことができますので、出来ればご協力をお願い致します。
もちろん無記名のアンケートであり、個人情報などを
集める目的ではございません。
簡単で、質問数も多くはないので是非ご協力をお願い致しますね!^^

アンケートサイト:http://enq-maker.com/5zXUYKr


■■■恋愛相談■■■

恋愛についてのご相談をメールにてお請けしております。
全てのメールは必ず拝読させて頂きます。
ですが、おひとりおひとりにお返事をすることは難しいこともございます。
ですので、返信が多少遅れることも許容して頂ける方のみお願い致します。

右側メニューバーのメールフォームよりお気軽にご相談下さいね☆


■■■ご感想、ご要望■■■

このブログのご感想や、今後取り上げて欲しいテーマなどをお寄せ下さい。
全てのご要望にお応えすることはできないかもしれませんが、きちんと読ませて頂きます。

右側メニューバーのメールフォーム、もしくはコメントにてお願いします。


あなたの「フィルター」を外そう

kage

2013/09/10 (Tue)


こんにちは、水月紗綾です。

本日は女性向けの記事をお届け致しますね。


ちょっと想像をしてみて下さい。
仲の良いお友達同士でお食事を楽しんでいるときのこと。
食べ物やおいしいお酒に舌鼓を打ちながら、楽しくお話ししていたと思いきや。
お友達が急に睫毛を伏せ、「はあああああ」と深い溜息をつくのです。
もちろんあなたは心配になり、「どうしたの?」と訊いてみると
「実は彼がさぁ……」と恋人とうまく行っていない様子を話し始めました。

ふんふんと聞いて「なにそれー」「酷いねー」なんて相づちを打ちながら聴いていると、彼女は突然言いました。

「ねぇ、こういう彼は何を考えてると思う?」
「何って?」
「こういう場合さ、普通こうじゃない? 私だったら絶対そうするし、これって振り回されてるだけだよね?」

なんて言い出しました。
もちろん、彼当人ではないあなたは困りますよね。そんな、よく知らない彼女の彼が何を考えているか、なんて訊かれても。
それでこんなことを言います。

「んー。私だったらそういうとき、こういうことを考えてるかなぁ……。
でも分かんないよ? 私だったら、っていうだけで……」

そう、当たり障りのないことを言って「でももしかしたらこういうことかもしれないじゃない?」と希望的観測のようなことをつい言ってしまう。


こういう場面に出会ったこと、もしくはどちらかの当事者になったこと、ありませんか?

でもここで重要なのが、この場合、二人とも「私だったら」というフィルターを通して彼を見ていることなんですよね。

私だったら仕事が忙しいから連絡できないこともある
私だったら用事があっても合間になんとか連絡する
私だったら休みの日は大好きな彼に会いたい。
私だったら……


この、「私だったら」というのは結構曲者です。
何故なら、悩んでいるだけどんどん「自分の恋愛観、世界観」の枠に彼を当てはめようとし、そして「やっぱり彼はおかしい!」という結論に達しやすいから。


でも彼はあなたではありません。彼は、彼。世界でたったひとりの人間なんです。
これは、男友達に相談しても同じこと。男心を教えて? と訊いてみたとしても正解なんて返っては来ないのです。

恋人同士の世界って、結局二人だけのものなんですよね。
そこに、他者を介在させたり、他者の意見(識者は除きます)を聞いたところで何も変わらないどころか悪化することの方が多いのです。

そこで、悩みに悩んだ挙句、本人が出した答えが一番正しかったりもするのです。
何故って、彼を一番見ているのは、その彼女なんだから。
次に会ったときには「思い切って彼に訊いてみたら誤解だったよー」なんて明るく報告されたこともあるのではないでしょうか。
逆に、「恋は盲目」で、彼女だけが分かってない……という場合もあるんですけどね。。。



厄介なのは、いつもその人が持っている「フィルター」なんです。
あなた独自の眼鏡、と言い換えても良いかもしれません。

彼の気持ちを推し量るときには「私だったら」という考えはまるで無意味なんです。
常に「彼だったら」と考えないといけません。

人間、様々なタイプの人がいますからね。

例えば男友達に「ねぇ、11月が彼の誕生日なの。今からならセーターも編めると思うけど、男の人ってやっぱり手編みのものなんて重いと思うかな?」なんて質問も無意味。
「俺なら……」という答えが返ってくるだけです。

そんなことを男友達に相談するくらいなら、彼に直接「ねぇ、このまえ友達と、バレンタインのチョコレートって手作りと既製品とどっちがいいんだろうね? って話になったんだよね。あなたはどっちがいい?」と訊いてみればいいのです。

すると彼は

「チョコレートなら、食べたら終わりだからどっちでもいい。だけど、あまり高級なもの貰ってもその価値が分かんないから板チョコでいいわ、俺。あ、それよりチョコレートケーキのほうが嬉しいかな」

なんてことを言うかもしれません。
そこから彼の価値観を分析するのです。

「食べたら終わり」ということは「残るもの」には別の考えがある、ということが分かりますよね。
だからセーターは「残るもの」。これに対しては彼は違う考えを持っていると考えていいでしょう。
むしろ「嫌だ」の可能性が高い。

何故なら、わざわざ「食べたら終わりだから」と言っているから。もしかしたら過去に手作りの物を貰って別れるとき、処分に困った経験があるのかもしれません。
可能性、ですよ? もちろん。

そして既製品の場合には「高級なもの貰っても価値が分かんない」という言葉から「チョコレートに関しては」高いものをあげても喜ぶ訳ではないということも分かります。
洋服などに拘っている彼なら、好きなブランドのものをあげた方がいいかも。
また、「板チョコでもいい」と言うなら「価値より機能」を重視する人なのでしょう。
高級なブランド品よりも、温かくてかっこいい。自分の持っている服ともコーディネートしやすいもの。なんていう風に。


ちょっとした質問から、彼の価値観が分かることはこれだけあります。それはあなたのフィルターを通さない、素直な彼の気持ち。


結局のところ、彼の気持ちは彼に訊かなければ分からない。
ということに尽きます。いつものことですが……。

そして、ドラブルになりそうなことは「あえて訊かずに様子を見る」というのが高等テクニックではありますが確実です。
前述したとおり、ひとの発する言葉から考えられるその人の価値観や恋愛観はたくさんあります。

「私ならこう」と言う前に、彼の言葉を注意深く聞き、「彼はどんなものが好きで、どんなものが嫌いなのか」を考えていったほうが相手の気持ちはよく分かりますよ。

常に「彼ならきっと……」と考えられる女性が男性から最も信頼される女性なのだと思います。
だって、言わなくても「きっとこうなのね」と分かって貰っている、と分かるのですから。


そんな女性を信頼しないはずはないですよね。
相手を想う、ということはそういうことなのではないかと思います。



追伸:
アンケートのご回答を頂ける方がだんだんと増えてきました。
もっと数が増えれば記事にもできるので、「みんなどう考えているんだろう?」というテーマで書かせて頂きたいという願いから、アンケートへのご回答をお願いできますでしょうか。

また、恋愛についてこんな話題を取り上げて欲しいというご要望も頂けると助かります。
メールからでも、コメントからでも、是非ご意見を頂ければ嬉しく思います!




■■■アンケートのお願い■■■

こちらのアンケートサイトへのご回答をお願いできますでしょうか。
頂いた回答は全て統計データとして活用し、私のブログ、執筆しているサイト
(ハウコレ:http://howcollect.jp/ )にて利用させて頂きます。

皆さんからのアンケートにより、より有益な情報をお届けする
ことができますので、出来ればご協力をお願い致します。
もちろん無記名のアンケートであり、個人情報などを
集める目的ではございません。
簡単で、質問数も多くはないので是非ご協力をお願い致しますね!^^

アンケートサイト:http://enq-maker.com/1kXYTzD


■■■恋愛相談■■■

恋愛についてのご相談をメールにてお請けしております。
もちろん無料です。
全てのメールは必ず拝読させて頂きます。
ですが、おひとりおひとりにお返事をすることは難しいこともございます。
ですので、多少の返信が遅れることもご承知頂ける方のみお願い致します。

右側メニューバーのメールフォームよりお気軽にご相談下さいね☆


■■■ご感想、ご要望■■■

このブログのご感想や、今後取り上げて欲しいテーマなどをお寄せ下さい。
全てのご要望にお応えすることはできないかもしれませんが、
きちんと読ませて頂きます。

右側メニューバーのメールフォーム、もしくはコメントにてお願いします。



これが出来なきゃお付き合いなんて無理!

kage

2013/09/05 (Thu)


こんにちは、水月紗綾です。


今回は男性向けの記事をお届けします。

前回は電話でお話しをするということについて書かせて頂きました。

先日、今現在ある、恋人との連絡手段(メール、Skype、LINE等のチャットアプリなど)の中で、何が一番最適なのだろう、と結構真面目に考える機会がありまして。

その中で出た答えは、やっぱり「電話」でした。
もちろん、会うことが一番です。
だってひとこと言葉を発する度に、彼女の変わる表情や態度がすぐに分かりますから伝わる情報量がまったく違いますもんね。
でも毎日会うわけにはとてもいかないという人も多いでしょう。

家が近くでなかったり、学校が違ったり、社会人なら仕事優先で当たり前だし、遠距離だったら……。

と、なると「会えない時間」をどうするか、ということはすごく大切なことなんですよね。
その中で連絡手段として使うもの。それはやっぱり電話が一番なのではないかと思うのです。

何故なら、前回も書きましたが電話をかけることで得られる情報はやっぱり文字だけのツールよりずっと多い。
声が楽しそうなら自分のことを嫌がってないのだろうと思えるし、ひとこと話す度に沈黙が訪れるならそれなりの原因があるというわけで。

でも、メールやLINEのチャットではそういうことは分りませんよね?
ですから、電話よりもメールがいいっていう人の気持ちは少し分からない、という部分もあります。

でもきっと、その人なりの理由があるのでしょうから、メールがいいという方はそれで良いのだとも思うのですが……。

ちなみに、私の中で恋人同士で使うべき連絡手段ランキングはこちら!


第一位!
会うこと

理由は先ほども書きましたが、会えるならどんどん会って話をした方がいいと思います。
逆に言うと、会えないのなら会える状況を作り出す努力をした方がいいですよね。

ちなみに、会う回数の目安は恋人同士なら週に1回。週末を24時間以上二人で過ごせられれば最適なのかな、と個人的には思います。
土曜日の午後から日曜日の夜まで、なんて時間が合わせられるカップルなら是非そうしたいところ。
あなたに趣味がある場合なら彼女も巻き込んでしまえばいいんです。そうすれば彼女に「行くか、行かないか」の選択肢が与えられるのですから。

最初から「毎週土曜日はフットサルをやるから会えないんだ」なんて彼女に言う人は、フットサルに飽きてから彼女を作れば? と思います。
趣味をやめろ、と言っているわけではありません。趣味も気分転換やストレス発散には大切なことですからね。
でも、あなたはその趣味の為に「彼女と会わなくていい」という選択をしているわけです。
なので単純に、会わなくていいのなら彼女じゃなくていいじゃん。と思うのです。

ですから、「毎週土曜日はフットサルをやっているんだけど、君もやらない? やだったら、最初は見るだけでも」なんて誘うくらいはしてあげて下さいね。その方が彼女も理解しやすいはず。
もし彼女がそういうのを苦手だと思う場合には彼女のその気持ちも尊重してあげましょう。
その代り、他の日に二人でゆっくり食事をする時間を作ったり、彼女との連絡を密にしてあげれば大丈夫です。


第二位!
電話(通話アプリも可)

これもやはり先ほど書きましたけど、彼女の声を聴きたいと思わないのであれば、他の女性でもいいのでは?
と個人的には思う程、電話くらいしなよ、と思います。
聴きたいとは思うけどそう言えない、というのは、女性にはよく分からない心理なので何故そうなのか、を是非説明してあげて下さいね。(そういうことが言えるような状況に二人がまだなっていない、という場合は別として。)

そのかわり、彼女が「声を聴きたい」と言うならウェルカムだよ! くらいは言ってあげて下さい。


ちなみに私は、好意を寄せてくれているとはっきり言って下さった男性がいたのですが、最初はSkype(通話)、次にメール、そのあとGoogleのチャット、最後にLINE(チャット)となり、一度言ったことがあります。

「ねぇ、私の声を聴きたいとは思わない人?」って。そうしたら「聴きたいし、会いたいと思う人、だよ」と答えてくれましたが、実行されないのでこりゃフェイドアウトかな、と思いました。
彼の本当の気持ちがどうこうではないんです、彼の気持ちが伝わるかどうかが大事なんだと私は思うのです。
その為に「彼女に伝える努力をしているか」ということ。


「この人、恋の相手としてどうだろう」と思って関わっている相手に、文字でそんなことを言われたって「あそ」くらいにしか思いません。
是非、本当に好意を持っているのなら電話くらいしてあげて下さいね!

「声が聴きたい」と言ったからって、恋の敗者になるわけではありません。
一瞬恥ずかしい思いをしたとしても、相手と気持ちを通じ合わすことができるかどうかということに賭けてみる、ということはとても男性らしく素敵だと思います。



第三位!
メール

メールって、書くのに多少緊張しませんか?
チャットでの雑談はタイムリーだし気軽だし、楽って思ってる方も多いでしょうけど、「楽な恋愛をしたいならもっと大人になって出直してきな!」っていうくらいお話しにならないことなんですよ。
楽な恋愛なんてありません。「楽」の裏側には「悲」が必ずついて回るものです。
良いも悪いも、たったひとりの人とするものです。
衝突や行き違いがあるのは当たり前。

そんなふたりがメールでやり取りをすることすら私には理解不能なんです。
なんで電話しないの? 時間がないから?

別れ話をメールやLINEでする人にも「は?」と思うのですが、あなたそんなに日本語に自信があるんですか?
と思う程に、総人口1億2千万人が文字で気持ちを伝えようとする。
すみません、言いすぎました。メール人口ではなく日本の人口を言ってしまいました。

でもね、おかしいでしょそんなの。
自分の気持ちを伝える身振り手振りが入って間があって、表情があって、そうしてやっと、言葉にならない気持ちも伝わるもの。
それを全部文字に頼ろうなんて、無理がありすぎます。

だからそれって、そこまでの情報、つまり自分の気持ちを相手に理解して貰わなくていい。
どう思われてもいい。別れてさえくれれば。

という話になりますよね。
相手への誠実さが微塵も感じられません。

少し極端な話をしました。このような理由で本当はメールも入れたくなかったのですが、それでも女性はメールでの連絡にも嬉しく感じるものだし、そして男性も多少緊張感を持ってメールを書く、という理由からランクイン。


第四位以下。

全部同じ。チャットなんて友達と恋人との境界線がまったくない!
通知機能もONにしていないなら、そんなのメールと変わらないんです。
なのに、チャットの特性から、ひとことで会話をしようとする。

日本語不自由人間ですか?
小学生ですか?

そこから何が分かると思います?
はっきり言って、「何も分りません」。

それだけ、真剣に「文字を書く」ということをしている人が少ないからだと思います。
チャットで、「書いては消して、でも何か書かなきゃとまた文字を入力する。こう書いたら相手はなんて思うだろう。相手はどう言ったら気持ちが安らぐだろうか。固まる自分の、指だけはなんとか動かして、文字を打つ」なんて気持ちで書いたものが一度でもありますか?

それが出来ないなら、意味がないんです、本当に。
考えて悩んで、そして書くから、文字に込められた想いが相手にじんわりと伝わるのですから。




上記の、独断と偏見によるランキングとその理由により、好意を持った相手との近づき方はまず簡単なところから「メール」、「電話」、そして「デート」となると私は思っています。

いきなりハイランクを狙うのは難しいですからね。


さて、前回の文末に、次回は彼女の心を掴むには、本当に大事で必須のお話しをします、ということをお伝えしていました。
大事なのはここからです。

前置き長いよ! って言うのはちょっと待って!
これまでの話も重要なことなんですからっ!


そう、重要なことなんです。

「きちんと」相手の気持ちを汲み取り、想像しながら会話を出来る人ならメールだけでも出来る。
でも、そういうことが出来ない「俺は俺は」って人には、とってもマネできないことがあります。

けれど、そこで彼女と親密になれるか否かが掛かっているのだと思います。


その大事なこととは。




「彼女の、心を開かせること」!!


えーーーー、いまさらぁぁぁぁぁあああ?!

という声も聞こえてきそうな気がしますが(笑)。

でも、どうして相手に心を開いて安心できないのに、セックスができると思います?
そこが、男女の大きく違うところなんだと思います。

女性だって、お付き合いをするならそういうことはある、ということを考えています。
ですから、心を開ける相手でなければお付き合いなんてとても出来ない!
と思うものなんです。

女性にとってセックスは、快楽を求める手段だけではありません。
本当にその女性を好きだ、と思っている男性にとってはもちろん僕だって同じ気持ちだ! と思うと思いますが。
それでも、やっぱり違いがあるのです。


少しだけ心を開いて、その人に自分の思っている気持ちを伝えて、「なるほどね」と言いたいことを理解して貰える。
そういう「少しだけ」を繰り返して、男性の反応や言葉の返しを見て、だんだんと「この人は信用できる人かも」と思えるんです。

例えば、「私ね、こういうことがあったの。それについてこう思って、これは良くないと思ったの」と言ったとき。

あなたが「でもそれはこういう場合もあるかもしれない。俺はそうは思わない。俺ならこう思うな。こう思うことは出来ないの?」
なんて言われたら「あなたはそう思うのね」と彼女は思うだけです。

何故か、分りますか?
彼女は「感情」で出来事を話し、自分の考えを伝えていることに対し、あなたは「理屈」で返しているからです。
すれ違うのも当然です。

もしもあなたが彼女に「僕は将来こうなりたいと思っているんだ。だから今の仕事をこうしていきたいと思ってる」と言ったときに彼女が「それで? こうなりたい、と思うのも、”こうしていきたい”と思うのもいいけど、具体的には今何を考えて何をしているの?」

なんて聞いてきて、「それは……こう考えて、こうしていこうと」と答えたら。
「そうなんだー、私だったらこう考えてこうするのにな」

なんて言われて、彼女にいい印象を持ちますか?
よっぽど信頼している相手に言われるならOKな場合もあるでしょうけれど、まだ知り合ってすぐのときに「この人ってどういう人なんだろう?」と見ているときに、こんなことを言われたら「付き合うのには無理かもしれないな」と思いませんか?


この人とこの話題をしてもダメだな。違う話をしよう。と考えて他の話をしてもやはり最初から自分の意見を否定しているとも取れる反論が返ってくる。

相手はディスカッションをしたいと思っているのかもしれませんが、そんなものは後でいつでも出来ますよね。
でも最初から相手の気持ち、感情を受け入れない相手にはそれ以上話そうと思わないのは自然なこと。

だから、彼女に「心を開かせる」ということは本当に大切で、これが出来ないのであれば彼女とのお付き合いは諦めるしかありません。
もしも、あなたがとても優秀な方で外見も素敵で、女性から見て魅力的な要素をたくさん持っていたとしても、です。

女性は、最終的には安心できる相手を選びます。たとえ付き合ったとしてもそれは一瞬のこと。
そのうち「やっぱりあなたとはムリみたい」と言われるのがオチです。

なので、是非女性の心を開かせる努力をしてみて下さいね。


その方法のヒントは、この記事の中に散りばめておきました。
あまり公に書きたくない、という理由もありますが、是非あなたにはあなた自身で考えてみて欲しいと思ったからです。

少し時間を掛けて、考えてみて下さいね。





■■■アンケートのお願い■■■
こちらのアンケートサイトへのご回答をお願いできますでしょうか。
頂いた回答は全て統計データとして活用し、私のブログ、執筆しているサイト
(ハウコレ:http://howcollect.jp/ )にて利用させて頂きます。

皆さんからのアンケートにより、より有益な情報をお届けする
ことができますので、出来ればご協力をお願い致します。
もちろん無記名のアンケートであり、個人情報などを
集める目的ではございません。
簡単で、質問数も多くはないので是非ご協力をお願い致しますね!^^

アンケートサイト:http://enq-maker.com/5zXUYKr


■■■恋愛相談■■■

恋愛についてのご相談をメールにてお請けしております。
全てのメールは必ず拝読させて頂きます。
ですが、おひとりおひとりにお返事をすることは難しいこともございます。
ですので、返信が多少遅れることも許容して頂ける方のみお願い致します。

右側メニューバーのメールフォームよりお気軽にご相談下さいね☆


■■■ご感想、ご要望■■■

このブログのご感想や、今後取り上げて欲しいテーマなどをお寄せ下さい。
全てのご要望にお応えすることはできないかもしれませんが、きちんと読ませて頂きます。

右側メニューバーのメールフォーム、もしくはコメントにてお願いします。


彼の「何故かどうしても手放せないオンナ」になろう②

kage

2013/09/03 (Tue)


こんにちは、水月紗綾です。

あっという間に火曜日でした!
危ない、また更新が遅れるところだった……。

なんて、この暑い中違う意味での汗をかいてました。

なんだか心地良い日もありながら暑い日が戻って、なかなか過ごしやすい日になりませんね。
もう9月にも入ったというのに。
皆さんは夏バテなんてしていませんか?
大丈夫ですか?

ときには夏疲れしたお肌や髪をスペシャルトリートメントして、心も外見もほっとさせてあげて下さいね。

それでは、女性向けに、前回の記事の続きをお届けさせて頂きます。


ときどき思うことですが……と、言っても、私自身も時々あることなんですが。(笑)
女性って「グレイゾーン」を見逃せないところがありませんか?
私は違う! と言い切れる方はもちろんいると思います。
でも、多くの方はそうじゃないかな、と思うのです。

例えば「私たちって付き合ってるの?」「これって片思い?」「まだ愛されてる?」「もしかして彼は浮気してる?」
浮かんだ疑問はどれもこれも。
その場で「ふーむ」と考えて「もしかしたら、違うかもしれない。でもいいや、とりあえず保留!」と出来る人ってあまり多くないのではないでしょうか

でもこれ、男性の方が得意な人って多いんですよね。
男性はグレイゾーンで悩むことはあっても、「だからなんとかしなきゃ!」とじたばたする人は私の出会った中ではいなかったです。


「あなたのことをまだよく知らないから、ゆっくりがいい」と言って、「なんだよそれ!」と憤る人にも出会ったことがありません。
でも、逆は別。男性の言い方にも問題アリ、な場合は否めませんが、男性は女性に気を遣って「まだよく分からない」と自らちゃんと口に出せる人は少ないのではないかと思います。

大抵は女性に問い詰められて、仕方なく「今はそんな風に考えてない」なんてぽろり。
しかも少し喧嘩みたいになっています。これは完全に女性が地雷を踏んだパターンですね。


あーのーねー!
と、少し声を大にして言いたい。

恋愛って、もっと楽しんでいいんだよ?!

苦いとか、苦しいとか切ないとかももちろんあるけど!
でも、それさえ楽しんじゃえばいいじゃない!
後で二人で笑い話になればその方がずっといい!

なんて、思うのです。


だから女性にものすごくお勧めしたいのが、「北風と太陽」の太陽になること。
有名な寓話ですよね。

北風がどんなに風をぴゅーぴゅー吹いても、旅人は決してコートを手放そうとはしません。
むしろ風が強い程にコートが脱がされないよう、必死になります。

そして太陽は、旅人にさんさんと温かい日の光を送るのです。
すると男性は気持ちが良くなり、すんなりとコートを脱ぎました。


この、コート。私には男性が持っている「心の壁」なのだと思います。

相手に「何を考えているの?! ちゃんと話して!」と言うのは北風さん。
なーんにも訊かずに、二人だけの楽しい時間を満喫して笑顔でいるのが太陽さん。

彼が心の壁を開くのは、間違いなく太陽さんですよね。
そして太陽さんは要求をしません。「さぁ、コートを脱げ! 脱げよ!」なんて、北風さんみたいな接し方をしません。
ただいつのもように、ぽかぽかと温かい光を送るだけです。


男性にとって。いえ、女性にとっても。どんな生物にとっても。
必要なのは北風よりも太陽ですよね。

そんな、いつもぽかぽかと温かい太陽を、彼が「そこにいて当たり前」と思っているときに。
「すみません。突然ですが、東から昇ることが難しくなりました」と太陽さんからいきなり通達が来たら。
男性だって「ええええええええええええええ! どういうことーーー?!」と、なります。
間違いありません。
またコートを羽織ればいいの?! なんて問題ではなく、もうそれこそ彼の頭がくらりとするくらいの大ショックを受けるはず。


もちろん、「もう無理です」なんて彼に言わない方がいいんですけどね。(笑)


それに、女性が「そんなの男性ばっかりずるくない? 私だってあったかい太陽が欲しいのに!」
と思う気持ちも十分に理解できます。ごもっともです。

女性だって、男性に温めて欲しいですよね。
優しくして、温もりをくれて、抱きしめて欲しいときは多いですよね。
だから、そんなことを男性だけ求めるなんてずるい!
と考える気持ちも分かります。


でも、本物の太陽だって、いつも旅人に暖かい陽を与えることは出来ないんです。
「今日はどんよりした雲に覆われててあったかくなくてすみません」とか。
「今は梅雨時なのでしばらく温めてあげられません」とか。
「冬なんで、北寄りになってます、あったかくないですよね。まあそういうこともありますよね」なんてこともあるわけです。

自然の太陽さんだってそうなんだから、人間であるあなたがいつもぽかぽかでいられないことは当たり前です。

だけど、そんなときに旅人は、太陽のありがたみを知るのです。
いなかったら困る。もう戻って来なかったらどうしよう。雲が晴れなかったら可哀想だ。

なんてことを思うのです。
そして、あなたに感謝し、大切にしようと考えます。


だからね。普段のあなたは、いつも季節の一番いい気候。例えば5月くらいの日差しのように、彼を温め続けてあげればいいんです。
しかも、無償で、です。太陽は、旅人に「コートを脱いで」なんて要求はしません。
「いつも温めてあげている私に感謝して」なんてことも考えません。

だから、二人とも幸せでいられるのだと思います。


すごく抽象的な例えを長々とお話ししてしまいましたが、どういうことか理解して頂けましたでしょうか。


まずは、何はともあれ彼を温めてあげること。それは、心のことです。

悩みを抱えていそうな彼には、何にも訊かなくても、「私はあなたの味方です」という気持ちを持つこと。
これは、彼に伝える必要はありません。それでも彼には分ります。
何も分からないのに、アドバイスや励ましたりなんてしないこと。メールや電話もしないこと。
彼はひとりで頑張れる力を持っています。そのとき、ひとりになりたいと思うことがあるかもしれません。
そんなときにはあなたは変わらず、太陽として光を放っていればいいんです。

彼はそのうち自分の問題を自分で解決して、あなたを振り返ります。
そのときに、あなたがぽかぽかしていればすごくほっとすることでしょう。

「お帰りなさい」と言うような気持ちで、「すごく頑張ってたんだね。お疲れさま」と言ってあげましょう。

すると今度は彼が、あなたの太陽になります。
「ありがとう」という気持ちを持って。


そして、そんな気持ちを持てない女性には、男性は決して心を開いたりはしません。
何故なら、北風さんだからです。


男性と女性は「感謝をする瞬間」が、きっと違うのだと思います。
もちろん、人間として貰ったものに感謝する気持ちがあったとしても、恋人として、信頼できる人に対しては違うのだと思います。

男性は悩んでいる瞬間に励まされたり助言をされることで自分の思考を邪魔されることは苦手なんです。
でも、女性に優しくされることは大好きなんです。

その「優しい」が、難しいところなのかな、と思います。


「あなたには何も求めない。だけど、あなたは自分で解決できる人だって私は知ってるよ」という、無言のメッセージが、彼がひとりになりたいときに最も欲しい気持ちなのです。


きっと、彼があなたの元に戻ってきたときには、あなたは彼にとっての太陽で「何故か手放せないオンナなんだよな…」と思われることでしょう。

太陽を手放すことはとっても難しいことですからね。
その上、そんな太陽になれる女性は希少でもありますから。

ほとんどの女性は、「ギブ&テイク」を無意識にでも考えていると思います。
私はあなたを愛してるから。できることならなんでもするから。
だから私と同じ愛情を頂戴。と。

でもそれ、あんまり意味ないどころかマイナスですから。


是非あなたには、太陽になって、彼が「いなくなったら困る」と思う女性になって頂きたいと思います。

もしもあなたがそうなれたなら、「グレイゾーン」もきっとそんなに遠くない未来に白黒つくときが来るはずですよ。



■■■アンケートのお願い■■■

こちらのアンケートサイトへのご回答をお願いできますでしょうか。
頂いた回答は全て統計データとして活用し、私のブログ、執筆しているサイト
(ハウコレ:http://howcollect.jp/ )にて利用させて頂きます。

皆さんからのアンケートにより、より有益な情報をお届けする
ことができますので、出来ればご協力をお願い致します。
もちろん無記名のアンケートであり、個人情報などを
集める目的ではございません。
簡単で、質問数も多くはないので是非ご協力をお願い致しますね!^^

アンケートサイト:http://enq-maker.com/1kXYTzD


■■■恋愛相談■■■

恋愛についてのご相談をメールにてお請けしております。
もちろん無料です。
全てのメールは必ず拝読させて頂きます。
ですが、おひとりおひとりにお返事をすることは難しいこともございます。
ですので、多少の返信が遅れることもご承知頂ける方のみお願い致します。

右側メニューバーのメールフォームよりお気軽にご相談下さいね☆


■■■ご感想、ご要望■■■

このブログのご感想や、今後取り上げて欲しいテーマなどをお寄せ下さい。
全てのご要望にお応えすることはできないかもしれませんが、
きちんと読ませて頂きます。

右側メニューバーのメールフォーム、もしくはコメントにてお願いします。



電話でお話しするには?

kage

2013/09/03 (Tue)



こんにちは、水月紗綾です。


シリーズとして書いている途中で長いお休みを頂いてしまい、ごめんなさい。
今日は前回の記事の続きから、男性向けの記事をお届けしますね。

前回はメールアドレスを教えて貰う方法についてお話しさせて頂きました。
いかがでしたか?

メールをし合える仲になりましたか?
彼女の反応はいかがでしょうか?


彼女とのメールが頻繁になり、やりとりが続くようになったのであれば電話番号を聞き出すのも実は簡単です。

「今時間あるなら、メールより電話の方が効率良くない?」

これです!
本当は、メールさえ順調だったら彼女も電話に抵抗感は少なくなっているでしょうからあなたらしい誘い方で大丈夫なんですけどね。

あまり重くない感じで、「メールより電話がいいな」というようなことを言えればいいと思います。

でももちろんそのとき、時間帯や彼女の都合の為に断られることは考えられます。

「ごめんなさい、これからお風呂なの」
「親の部屋が隣で、電話はちょっと無理なんだ……」
「これから宿題やらないといけなくて」

どんな断られ方をされるかは分かりませんが、メールは文字だけでしか相手のことが判断できません。
ですから、こういう場合にはその言葉通りに受け取って「分かった、じゃあまた今度ね」と軽いお返事をして、それ以上のことは考えないこと。

妙に「電話しよう、なんて言ったせいで嫌がられてしまったのかな」なんて、思い悩む必要は一切、ありませんからね!
私の同性の友人にも、そう言う子はいますから。
要はタイミングが合わなかっただけ。

もしも、万が一彼女が「電話で話すのはちょっとなぁ……」と考えていたとしても、別にどうってことはないです。
人の気持ちは変わるものですし、ただ単に「もう少しメールでお話ししたい」と思っていただけなのかもしれないのですから。

もしも本当にあなたに興味がないのであれば、メールからそういうことが分かるはずです。
メールの返事が遅い、彼女のメールの内容が素っ気ない、単にあなたのメールの「返事」の内容しかない。
そんな場合は一旦引いて、メールもお休みした方がいいかもしれませんね。

それよりも、メールをする前に戻って、挨拶や軽い会話をする、というところから戻った方がいいかもしれません。
自分のことをなんとも思っていない人に意識して貰うようになる、ということはそういうことの繰り返しなのだと思います。
そのうちに、あなたの内面を知り、興味を持ち始めるのですから。

女の子の心はオーブンみたいなものなんです。
いきなり材料を突っ込んで、必要なものは全部入れた! あとは焼けるのを待つのみ!
なんていうことは、まずないです。オーブンだって困ります。

ちゃんとオーブンの内部を温めて、準備が出来てから「あなたの気持ち」という材料を入れて、時々様子を見ながら見守ること。
そういう気持ちで「今どのくらいの温度かな?」と考えながら、彼女の気持ちを温めてあげて下さいね。

好きなんだーーーーっ! という気持ちを相手にぶつければ「私もーーーーーっ!」なんてことはほとんどありませんから。(笑)

むしろ怖がってしまうものです。
あなたもそうでしょうが、彼女もおっかなびっくり、「この人と仲良くなっても大丈夫なのかな?」と考えるものです。
だから、焦りは本当に禁物。男性の焦り程、女性にとって「どうしよう……」と悩んでしまうことはありませんからね。
しかもその「どうしよう……」は、ネガティブなものになりがち。「今好きになれる自信がないから、断った方がいいのかな……」なんて思われてしまっては逆効果。

だからこそ、押し過ぎないことが大事なんです。


そして、電話が出来るようになれば話せる内容はぐっと多くなるはず。
そうしたら、たくさんの話が出来るようになると思います。

楽しい話から、彼女の考え方、彼女の生活、彼女の悩み……
本当にたくさんのことが分かるようになるはずです。
そして、彼女にもあなたの言動から、どんな人なのかが伝わります。


でも、それだけでは恋人にはなれません。
そう、まずはちゃんと「デート」と呼べるものをしないとね!


でも、女の子ってどういう気持ちになったらデートをするの?
デートをした=好きっていうこと?
どういうところに誘ったら喜んでくれる?
どんな風に誘えばいいの?

恋愛経験が豊富でない、もしくは彼女の好みがまだよく分からない人には難しいことですよね。


それでは次回は、デートを誘う前に必要なことをお話ししていきたいと思います。
彼女の心を掴むには、本当に大事で、そして必須のお話し。

これができなきゃ女の子はあなたを「本命の彼氏」と思うことは少ないのではないか、というくらい重要なお話しをさせて頂きます。

是非、次回も読んで下されば嬉しいです。
次回は、木曜日に更新させて頂きますね!


更新が遅くなり、本当に申し訳ありませんでした。



■■■アンケートのお願い■■■
こちらのアンケートサイトへのご回答をお願いできますでしょうか。
頂いた回答は全て統計データとして活用し、私のブログ、執筆しているサイト
(ハウコレ:http://howcollect.jp/ )にて利用させて頂きます。

皆さんからのアンケートにより、より有益な情報をお届けする
ことができますので、出来ればご協力をお願い致します。
もちろん無記名のアンケートであり、個人情報などを
集める目的ではございません。
簡単で、質問数も多くはないので是非ご協力をお願い致しますね!^^

アンケートサイト:http://enq-maker.com/5zXUYKr


■■■恋愛相談■■■

恋愛についてのご相談をメールにてお請けしております。
全てのメールは必ず拝読させて頂きます。
ですが、おひとりおひとりにお返事をすることは難しいこともございます。
ですので、返信が多少遅れることも許容して頂ける方のみお願い致します。

右側メニューバーのメールフォームよりお気軽にご相談下さいね☆


■■■ご感想、ご要望■■■

このブログのご感想や、今後取り上げて欲しいテーマなどをお寄せ下さい。
全てのご要望にお応えすることはできないかもしれませんが、きちんと読ませて頂きます。

右側メニューバーのメールフォーム、もしくはコメントにてお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。