FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋はできても愛にはならない秘密とは?

kage

2013/09/25 (Wed)


こんにちは、水月紗綾です。

お久しぶりですというかなんというか……
また更新が遅れてしまい申し訳ありません。><

本当に私の都合で申し訳ないのですが、今現在は期限の迫った大きなお仕事に奮闘中です。
来月については新しいお仕事も頂ける機会があるようで(すごく面白いことが起こりそうな予感がするので本決まりになりましたらまた報告させて頂きますね!)、来月以降のスケジュールが今日の段階でまだ立てられないことやそういう余裕すらない、なんてこともあり……。
また、年末までには考えると頭が痛くなるような計画も進行させたいと考えているところでもあるのです。

なので大変申し訳ないのですが、しばらくブログは不定期更新とさせて頂けますでしょうか。
本当にごめんなさいっ!
それでも、出来るだけ週に一回は記事の更新をしていきたいとは思うのですが……。


話は少し変わりますが、このブログを介して、ご相談下さる方もいらっしゃいましてね。
もしもその方達が、私のブログや私とのお話しの中で解決策を見つけられたり、心が軽くなって頂けたりしたらとても嬉しく感じますし、また私のモチベーションにもなるんですね。

なので、例え不定期になってもコラムニストである限りはブログを続けていきたいと思いますので、どうか許して頂けたらと思います。

ブログは不定期になっても、もちろんご相談はこれまで通りお受け致します。
ただ、やはり返信が遅くなってしまうことはあるとは思います。急を要するお話しはなるべく早くお返事するつもりではありますが。
それでも良ければ、これまで通りご相談のメールはどうぞご遠慮なくして下さいね。


さてさて、本題なのですが、今日は少し長くなります。(いつも長いですけどね ><)

そして、男性にも読んで頂きたいと思う、女性向けの記事をお送りしたいと思います。

何故長くなるかって、今回は「愛」について語ってみたいと思うから。
「愛」って、一体何だと皆さんは思いますか?

与えるもの? 分かち合うもの? 捧げるもの? 単に「好き」の強くなったもの?
それじゃあ「恋」との違いは?

「愛」という言葉だけをフォーカスして考えてみると、とてもとても難しい言葉のような気がします。
何故って、日本語の「愛」って定義が重い上にひっろいっっ!!!って、思いません?
まあ、英語の「Love」も似たようなものなのですが、そこは言語の文化の違いというか。
英語の「Love」は、また違う意味合いのような気がするのです。


日本語の「愛」には「親愛」、「友愛」、「博愛」、「愛情」、「情愛」、「慈愛」……
まだまだまだまだまだ! 日本語には「愛」がつく言葉が溢れていて、そしてその全部が「愛」。
これをいっしょくたに考えようとすると頭がおかしくなりそうです。
そんなに「愛」「愛」言うなよっっ!!

と、いうくらい。

なので、ここは親しみやすく、またこのブログのテーマに沿った「愛情」のみに絞って考えてみますが。
これもまた深いっ!


少し話は変わるのですが。先日ね、男性で親しくして頂いている方と何かの話をしていたんです。
確か、結婚観に関する何かだったような気がします。

そのときに彼が言った言葉は忘れましたが、私は「どちらかがどちらかにもたれるだけの関係なんてつまらないよ」って言ったんですよね。

そのときに は、と気が付いたんです。

よく、恋愛指南書などには「女性は尽くしすぎてはダメ」ということが書いてありますが。
その理由として、男性に追い掛けさせないといけないということも併せて書いてあります。
それは男性が狩猟民族だからとか、もともとの男性の特性として女性を追い求めたいものだから、などとも書いてあります。

それはそれで正しいことだと思います。
私もそう思いますし。何より、二人が幸せであることのルールのひとつであるとも思いますしね。


でも、それだけじゃないんだと気が付いたんです。
男性は女性を追い求めたい。何故なら彼女を喜ばせたいから。
喜んでくれること、それが出来た自分を女性に褒めて貰いたいから。
つまり、女性が「私はあなたのおかげで幸せ」というメッセージを発することが男性への報酬なんです。
男性は、尽くしてるだけじゃない。ちゃんと女性からの報酬を受け取っているんです。


それはそうですよね。でなきゃ続かないですもの。でもこれ、女性だって同じなんです。

だから男性の為に尽くしてしまいたくなる。
ただ、男性の方が女性の心遣いに気付かなかったり、褒めたりすることが苦手なのかな、って思うんです。
男性が「君のおかげで僕は幸せだ」というメッセージを発するだけでは女性は満足しないというのも理由のひとつかもしれません。
女性は、自分が尽くした分、相手にも同じように尽くして貰いたい、大事にされたいと考えますよね。
だから男性の発するメッセージだけでは満足しない女性が多いのかもしれません。
でもこれは女性が悪いのではなく、ただ単に性質の違い。この性質の違いの為、女性は男性に愛されている方が幸せだと言われる所以なのかもしれません。
この性質の違いの為、女性は「自分の尽し方が足りないのかな?」と考え、男性にもっと尽くしてしまう……。
でも、欲しいものは返って来ないどころか、相手の心が離れて行ってしまう。なんてこと、ありませんか?


もともと、誰かにものすごくあれこれ世話を焼かれることって心理的に負担が掛かることでもあるんですよね。
なんというか、何もかもしてくれて、何でも許してくれるとまるで自分が何もできない子供だと自覚してしまうようで。
だから、心のどこかで「これだけしてくれてるんだから、何か返さないといけない」という気持ちになるはずなんです。
でもその「何か返さないといけない」は、「自分のしたいこと」とは違うことです。

何かをしてあげたいからするのではなくて、「して貰ったからお返ししないと」という気持ちなんです。
それって、割と心苦しいことだと思いませんか?

でもこれも結婚をしたら違いますよね。
女性が家事をして、食事を作ってくれることに抵抗を感じる男性は少ないはずです。
むしろ助かる、と素直に思っていることでしょう。

では、結婚前と恋愛期間中でこんなに心理が違うのは何故なんでしょう?
結婚をしたら平気なのに、結婚前には女性に尽くされ過ぎると心苦しくなる男性の気持ちの差は?


それはやっぱり、「責任」なんだと思います。
男性は結婚をすることで女性に対して何かしらの責任を負うことを考える。
それは経済的なことであったり、将来ずっとそのひとりの女性と一緒にいる、ということを決める覚悟、とも言い換えられます。
生活を守っていかないといけない、という責任もありますね。

それが、男性側から女性に返すものなんだと思うのです。
例え無自覚だとしても、男性は女性を守る、女性の人生の責任を取る、と決めて結婚を決めているのだから奥さんに家事や食事を作って貰えたら嬉しいし安心できるんだと思います。
自分の全てを包み込み、許し、許される関係。自分自身を認めて貰えること。

そういう重たいとも言えることを覚悟していない段階で、アレコレされてしまうと男性は逃げ腰になってしまう。
場合によっては女性でもそういう方はいるのではないでしょうか。


そこで、思うのです。
「恋」は誰にでもできる。
その「誰にでも」は、「誰か決めない誰とでも」という意味です。
この人との恋がダメなら次! 他のもっと素敵な人に恋をしよう。
ということと似ています。

でも結婚は「その人」とするんです。
恋をして、恋愛期間を経て、その間にはたくさんの問題や考え方の違いに悩んだりケンカをしたりすることもあって。
そして、少しずつ「愛」というものを育んでいく。
ひとつの問題を解決して乗り越えていくたびに、まるでご褒美のように相手への「愛着」が増していく。
それがある地点に到達すると「愛情」になり、「この人しかいない」となるのかな、と思うんですよね。


とっても難しい話だと思います。
女性は、恋と愛を勘違いしてはならないし、始まりはいつも「恋」からで、「愛」は簡単には育ってくれない。
その間は尽くしすぎてもいけないし、彼のことを中心に生活をすることもいけない。


だって、「恋」は自己責任ですから。
いつでも簡単に、と言うのは言い過ぎかもしれませんが、さよならできる。
違うな、と思えば相手とお別れすることも誰にも咎められないし迷惑も掛けない。


だから「恋」って、割と簡単に出来てしまう。
「簡単じゃないよ!」と思われる方。ごもっともです。

私も、ひとつひとつの恋を、簡単にしたことなんてありません。
何度も傷つき、悩み、幸せを感じ、そして愛情や絆が育っていくことを感じたことは少なくないですから。


そこでね、タイトルにもしましたが、

「恋はできても愛にはならない秘密」

を、お伝えしちゃいます。

恋も愛も、本当はとっても、とーってもシンプルなんです。

いつだって、「あなたが大切」というメッセージを相手に贈り続けること。
それは男性も同じなんですけどね。
二人が同じようにメッセージを贈り続けることが出来ない場合には、それは愛には発展しません。

どちらかが、離れようと決心するように辿り着きます。

もちろん、他にも様々な要素はありますよ。
周囲からの障害とか、どれだけ想い合っていても離れなければならない状況とかもあるかもしれません。
でもそれは、稀なケースとして。

普通に恋愛が出来る人は、普通に「あなたが大切」だと思い続けるだけでいいんです。
そこはシンプルに。

でもこの「シンプル」が意外と曲者で。
時々訪れる二人の間の食い違いや勘違い、考え方の違いなどで「シンプル」が途端に「複雑」になっていきます。
でも、その時々に思うべきなんだと思います。

「好きな人に好きだと言える、今の状況はとても幸せなこと」
「好きな人に好きだと言って貰える。触れることができる。この人に出会えたことは奇跡」

って。「奇跡」なんて、大袈裟だと思うでしょうか?
私はそうは思わないんですよね。

だって、日本だけでも北から南まで、何距離あるのよ!
その中に何人住んでるのよ!
世界まで視野に入れたらどんだけのこと?!


……そんな中で私たちは出会い。私があなたを選び、あなたが私を選んでくれた。

なんかもう、私なんか、この気持ちだけで満足するときがあるくらいですからね。
これを奇跡と言わず何が奇跡だろうか!
みたいな感じで。

それだけじゃないです。
「私が、好きになれる人ができた」
それだけでも、奇跡に近いことかな、と思います。

だって、今まで何人の人を好きになってきました?
出会う異性出会う異性に恋をしてきた方なら別でしょうけど、勝手に自分の気持ちが動いて意思とは関係なく気づいたらもう相手を好きになってた、なんて。
しかも本気中の本気! この人が本当に好きっ! って思える人には、人生で何人に出会えました?

そのうちの、ひとりなんです。

それだけで、もう奇跡じゃないですか。

神様、彼に出会わせてくれて本当にありがとう。
そんな風に、普段は神様になんて目もくれない私が思うくらいのことなんだと思うんです。

だったら。
傷ついてもいいじゃないか。
苦しませられてもいいじゃないか。

彼を、大切にしよう。心から。

そう思えたら、それは立派に「恋」をしているんだろうなと思います。
そして彼も同じように「好きだ」という気持ちをくれて(いいですか、誤解がないように言っておきますけど、「言葉」でなく「気持ち」です。)、お付き合いが出来た二人なら。

それだけでもう奇跡中の奇跡じゃないですか。

その「奇跡」を疑うことなく、大事に大事にすることで育っていくものが「愛」なのではないかと思うんです。


奇跡の中では「ねぇ、本当に私のことを好き?」なんて疑問は浮かびません。
その時々に「やだー、最近私不満ー! 不満ったら不満ーっ! 不満過ぎるから、次に会ったら美味しいワインを飲ませて下さい」なんて可愛い我儘を言うことがあっても、彼のことを大切にすると心から決めたのなら。

「あなたの、生きたいように生きて。その隣に、私がいられたら幸せ。でも、私じゃなくても、あなたを幸せにしてくれる人がいれば私はそれでも幸せ」

なんて思えたら。
それが、本当に「彼を大切にしている」ことなのかな、と思います。
そして、そんなことを思う女性を男性は簡単にないがしろにはできないものなんだと思うんです。

それを「よっしゃ儲けもん! こいつは浮気も許してくれる女なんだ」なんて思うような男性なら大切にする理由はないです。
奇跡取り消し! ああ、アンラッキー! くらいにさよなら。 って、ぽいっとしちゃいましょう。

でも、もしもあなたが大切な恋に、奇跡に出会えたなら、どうか大切にして下さい。
どうしても不安になったときには、ほったらかしてみてください。相手を責めるのではなくね。
ほったらかし。

うまくいくものはうまくいきます。
ちょっとやそっとじゃ壊れません。
あなたが壊すようなことをしない限りはね。


だから、ほったらかし。
すると、男性の方から「なんだなんだ、どうした?」とあなたの不安を解消するように頑張り始めますから。


ね、自分に自信を持って。疑うことよりも大切なのは「ほったらかす」こと。

「なーんか最近、彼の行動が怪しい……」

と思ったらほったらかし。それで終わるならそれはそれ。
次の奇跡を探しに行きましょう。
それまでは、大事にしましょうね。

疑うことと、責めることを繰り返すと、健全な愛は育たないですよ。





■■■アンケートのお願い■■■

こちらのアンケートサイトへのご回答をお願いできますでしょうか。
頂いた回答は全て統計データとして活用し、私のブログ、執筆しているサイト
(ハウコレ:http://howcollect.jp/ )にて利用させて頂きます。

皆さんからのアンケートにより、より有益な情報をお届けする
ことができますので、出来ればご協力をお願い致します。
もちろん無記名のアンケートであり、個人情報などを
集める目的ではございません。
簡単で、質問数も多くはないので是非ご協力をお願い致しますね!^^

アンケートサイト:http://enq-maker.com/1kXYTzD


■■■恋愛相談■■■

恋愛についてのご相談をメールにてお請けしております。
もちろん無料です。
全てのメールは必ず拝読させて頂きます。
ですが、おひとりおひとりにお返事をすることは難しいこともございます。
ですので、多少の返信が遅れることもご承知頂ける方のみお願い致します。

右側メニューバーのメールフォームよりお気軽にご相談下さいね☆


■■■ご感想、ご要望■■■

このブログのご感想や、今後取り上げて欲しいテーマなどをお寄せ下さい。
全てのご要望にお応えすることはできないかもしれませんが、
きちんと読ませて頂きます。

右側メニューバーのメールフォーム、もしくはコメントにてお願いします。



スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。